Exhibitions

今年もArt Fair Tokyoに出展いたします。
「池尻育志 洋画展」と「丹野徹 写真展」の二本立て!
東京国際フォーラム会場内〈N07〉ブースに是非ともお立ち寄りくださいませ。

――――――AFT東京2017―――――――
会期/3月17日(金)13:00-20:00
3月18日(土)11:00-20:00
3月19日(日)10:30-17:00
※最終入場は各日終了30分前まで
会場/東京国際フォーラム ホールE&ロビーギャラリー(靖山画廊ブース:N07)
(東京都千代田区丸の内 3-5-1)

「池尻育志 洋画展」
日常の何気ない風景を丹念に描き込み表現する池尻育志の世界は、決して単純な視覚再現ではなく、詩情にあふれ、見る人に語りかけます。
2014年につづくアートフェア東京2回目の発表です。

「丹野徹 写真展」
デジタルカメラを身体機能/感覚の拡張器官として用い、知覚を超えた細部の差異をも活写する写真家、丹野徹。
「言語以前の世界(人類以前から存在する様々な事象)」を手掛かりに、現代では目にしづらい「未だ見ぬ世界」を作品化しています。

 

池尻育志 略歴

1971 北海道生まれ
1991 東洋美術学校 卒業
【主な個展】
2013 個展(靖山画廊、東京)
2014 「Art Fair 東京2014」 (東京国際フォーラム/靖山画廊ブース、東京)
「池尻育志油彩展 -あるようでない…でもやっぱりある風景-」(仙台三越、宮城)
2015 個展(池袋東武、東京)
2016 個展(吉祥寺東急、東急)
2017 「Art Fair 東京2017」 (東京国際フォーラム/靖山画廊ブース、東京)
2018 個展(名古屋松坂屋、愛知)
2021 「Yasushi Ikejiri: Here, There」(SEIZAN Gallery, New York)
 【主なグループ展】
2014 「絵画市」(船橋東武、千葉)
「百鬼夜行展」(靖山画廊、東京)
「たいせつなもの展」(靖山画廊、東京)(~’19)
2015  「扇子展」(靖山画廊、東京)
2019  「REIMAGINED: CONTEMPORARY ARTISTS TAKE ON THE TALE OF GENJI」(SEIZAN Gallery, New York)
「Seattle Art Fair」 (CenturyLink Field Event Center, SEIZAN Gallery Booth, Seattle)
「ザ・レッド -男-」(靖山画廊、東京)
2020 Online Exhibition「神頼み ー除災招福ー」(靖山画廊、東京・SEIZAN Gallery、New York)
「On This Shore」(SEIZAN Gallery、New York)
「蟻のひと噛み」(靖山画廊、東京・SEIZAN GALLERY TOKYO 凸、東京)
【受賞歴】
2008 ボローニャ国際絵本原画展入選
【その他】
 2005 絵本「ウエノウエサキノサキ」(新風舎)出版
 2014 装画 牧村一人「君を憶えてる」(中央公論新社)

丹野徹 略歴

 

1968 東京生まれ
10代に詩作を、80~90年代初頭には音楽制作を行い99年欧州渡航、レイブカルチャーに傾倒する。
2000年代以降は写真作品の制作を始め、先験性、つまり記号以前に、精神より遥か原初にある“美”についての考察を元に様々な主題で制作活動を行い、写真という概念の拡張を求めて絵画や音響といった異なる形式を取り入れた手法に取り組んでいる。
 
【主な個展】
2014 「丹野徹展」(靖山画廊、東京)
2019 「TORU TANNO: EMACIATED ETERNITY」(SEIZAN Gallery, New York)
 
【主なグループ展】
2013 二人展「DECONSTRUCTING」(NIGHT GALLERY CAFE CROW、東京)
2016 「たいせつなもの展-アイドル!!-」(靖山画廊、東京)
2017 二人展「池尻育志 洋画展/丹野徹 写真展」(Art Fair Tokyo 2017/東京国際フォーラム)
2018 「たいせつなもの展-平成-」(靖山画廊、東京)

2017年03月17日(金) -  2017年03月19日(日)

3月17日(金)13:00-20:00
3月18日(土)11:00-20:00
3月19日(日)10:30-17:00