Artists

ドイツの哲学者ハイデガーの芸術論の中で、「芸術とは、常に衝撃である」と いう言葉を知った。芸術とは、本来包み隠されている真理を開示させる行為であり、これに触れることが芸術の根源であるという。

日々の経験と感動の中で、少しでも真理に近づきたいと目を凝らし、思考を巡らす。その過程に、私の場合絵画制作がある。目に見えないものを形にする中で、真理を開示し、また鑑賞者をも巻き込めたらと思う。

私は、悲しみや怒り、漠然とした不安感など人間の弱さや不器用さに興味があり、そういった人間の遣る瀬ない感情や心理を、可愛らしさや憎めない滑稽さを含む人形を通して描くことで、そこに少し笑ってしまうようなユーモアや愛着感情を与え、昇華しようとしている。
これまでたくさんの芸術から受けてきた衝撃を、私も還元したい。 (八嶋洋平)

プロフィール

 

1985 島根県生まれ
2008 京都嵯峨芸術大学(現・嵯峨美術大学)芸術学部造形学科卒業
2013 広島市立大学大学院芸術学研究科博士後期課程 単位取得満期退学
 
 【主な個展】
2012 「Gセレクション 群像-只中にいる-」(gallery G、広島)
2016 「STAY GOLD」(NSA、広島)
2017 「広島市立大学選抜洋画展」(八千代の丘美術館、広島)
2020 「八嶋洋平 -Wave hands-」(靖山画廊、東京)
「第36回上野の森美術館大賞展 絵画大賞受賞者 八嶋洋平展」(上野の森美術館ギャラリー、東京)
 
 【主なグループ展】
2012 「佐藤国際文化育英財団第21回奨学生美術展」(佐藤美術館、東京)
2017 「たいせつなもの展」(靖山画廊、東京)(’18)
2018 「Imago Mundi project“ Hiroshima / Nagasaki ”」(Luciano Benetton Collection、イタリア)
2019 「第 36 回上野の森美術館大賞展入賞者展」(上野の森美術館、東京)
「Spuren des Wandels」(Lortzing ART、ドイツ)
2020 「なんでもない日ばんざい!」(上野の森美術館、東京)
「蟻のひと噛み」(靖山画廊・SEIZAN GALLERY TOKYO 凸、東京)
 
 【受賞歴】
2016 第2回藝文京展2016 優秀賞(京都芸術センター、京都)
シェル美術賞展2016 入選 (国立新美術館、東京)
2018 第30回全国絵画公募展IZUBI 優秀賞(池田20世紀美術館、静岡)
第36回上野の森美術館大賞展 大賞 (上野の森美術館、東京)