Artists

日々の経験と感動の中で、自分の心や頭に意識を向け、そこに美しさを宿すことが私の仕事だと思っています。

私の作品のテーマは、悲しみや孤独、漠然とした不安感など決して明るいものではありませんが、可愛らしさや憎めない滑稽さを含む人形を通してそれらを描くことで、そうした遣る瀬無い感情に少し笑ってしまうようなユーモアや愛着感情を付加し、昇華しようとしているのかもしれません。

プロフィール

 

1985 島根県生まれ
2008 京都嵯峨芸術大学(現・嵯峨美術大学)芸術学部造形学科卒業
2013 広島市立大学大学院芸術学研究科博士後期課程 単位取得満期退学
 
 【主な個展】
2012 「Gセレクション 群像-只中にいる-」(gallery G、広島)
2016 「STAY GOLD」(NSA、広島)
2017 「広島市立大学選抜洋画展」(八千代の丘美術館、広島)
2020 「八嶋洋平 -Wave hands-」(靖山画廊、東京)
 
 【主なグループ展】
2012 「佐藤国際文化育英財団第21回奨学生美術展」(佐藤美術館、東京)
2017 「たいせつなもの展」(靖山画廊、東京、’18)
2018 「Imago Mundi project“ Hiroshima / Nagasaki ”」(Luciano Benetton Collection、イタリア)
2019 「第 36 回上野の森美術館大賞展入賞者展」(上野の森美術館、東京)
「Spuren des Wandels」(Lortzing ART、ドイツ)
 
 【受賞歴】
2016 第2回藝文京展2016 優秀賞(京都芸術センター、京都)
シェル美術賞展2016 入選 (国立新美術館、東京)
2018 第30回全国絵画公募展IZUBI 優秀賞(池田20世紀美術館、静岡)
第36回上野の森美術館大賞展 大賞 (上野の森美術館、東京)