Artists

豊かな自然に恵まれる日本では、古来よりその壮大さや美しさに畏敬の念と感謝の心を持って日々の生活を営んできました。
そして、生活の中で培われた知恵や育まれた感性は、その姿を時代ごとに変えながら今も脈々と受け継がれています。

伝統工芸からキャリアをスタートしたアーティストである私にとって、人の営みと自然とのつながりについて考え続けることは、制作におけるひとつの命題ともいえます。

先人の知恵や木目や色味をそのままに活かした天然木に現代社会の感性をあわせ、生き物のありのままの姿を形取る彫刻作品を制作する事をとおして自分なりの答えを探し続けています。(福田 亨)

プロフィール

1994 北海道小樽市生まれ
2013 北海道おといねっぷ美術工芸高校 卒業
2015 京都伝統工芸大学校 木工専攻 卒業
木象嵌技法の立体表現を開始
現在、北海道音威子府(おといねっぷ)村を拠点に制作
   
【主な個展】
2019 「福田亨展」(靖山画廊、東京)
2020 「福田亨-niwa-」(靖山画廊、東京)
   
【主なグループ展】
2016 「阿部一真×福田亨 二人展」(CUBE SPACE GALLERY、東京)
「巧美展」(ギャラリーがらん西荻、東京)
2017 「現代日本の匠」(Hideharu Fukasaku Gallery Roppongi、東京)
「Spring ephemeral」(Atelier cypris、大阪)
「たいせつなもの展」(靖山画廊、東京)(~’19)
2018  「木霊する場所-木の造形展-」(悠遊舎ぎゃらりぃ、愛知)
2019 「木のものづくり探訪 -20人の仕事-」(リビングデザインセンター OZONE、東京)
「蟲使い展」(f.e.i art gallery、神奈川)
「INSECTS 」(ギャラリーアートもりもと、東京)
KOGEI Art Fair Kanazawa 2019「KUMU 金沢 -THE SHARE HOTELS-」(悠遊舎ぎゃらりぃSAPPORO、北海道)
2020 「鱗翅目三人展」(Atelier cypris、大阪)
「LOOK CLOSER」(Micheko Galerie、ドイツ)
「PURE POETRY」(SEIZAN gallery、New York)