Artists

万物の存在そのものについての探求を続けることで、次第に自身の体内に蓄積される「自然の風情」や「他人の行動に感じる情緒」を日本画の伝統的な技法とモダンな表現方法で描き出す熊谷曜志。描かれた人物は血肉や重力を感じさせながらも幾重もの空気の層を纏ったかのような軽やかさを持つ。

プロフィール

1982 愛知県北設楽郡豊根村に生まれ
2006 愛知県立芸術大学美術科日本画専攻 卒業
2008 愛知県立芸術大学博士前期課程日本画領域 修了
【主な個展】
2013 個展(愛知)
2017 「熊谷曜志 日本画展」(靖山画廊、東京)
2019 「熊谷曜志 日本画展」(靖山画廊、東京)
「熊谷曜志 日本画展」(仙台三越、宮城)
【主なグループ展】
2011 「勢の会」(松坂屋名古屋、愛知)
2012 「山田雅哉×熊谷曜志 展」(愛知)
2013 「列展」(松坂屋名古屋、愛知・上野、東京)(’15)
2014 「TABRIS展」(愛知・東京)
「新日本画研究会」(松坂屋名古屋、愛知)
「琴塚吉太朗×熊谷曜志 二人展」(名古屋市市政資料館、愛知)
2015 「たいせつなもの展」(靖山画廊、東京)(’17)
2016 「妖怪茶席」(靖山画廊、東京)
「20th Anniversary 特別企画展」(靖山画廊、東京)
2017 「ザ・レッド-男-」(靖山画廊、東京)
2019 「Reimagined: Contemporary Artists Take on The Tale of Genji」(SEIZAN Gallery、New York)
2020 Online Exhibition「神頼み-除災招福-」(靖山画廊、東京・SEIZAN Gallery、New York)
「蟻のひと噛み」(靖山画廊、東京・SEIZAN GALLERY TOKYO 凸、東京)
【受賞歴】
2007 「日本画は宇宙を描く」(JAXA主催)優秀賞
第六十二回 春の院展 初入選
再興 第九十二回 院展 初入選(’09)
2011 豊橋トリエンナーレ 星野眞吾賞 入選
【その他】
2012 「欄間天女図」復元模写(當行寺、愛知)

展覧会