Exhibitions
  • 販売済❢作家名:Akie作品名:アマビエ制作年:2020年作品サイズ:約 h4×w4.5×d1.5 cm素材 :自然石、アクリルガッシュ価格 :50,000円(税込)備考 :画像のような平置き型/裏側は自然石のままでサインのみ作家コメント: 『アマビエを宿した石がきっとある』そんな直感を信じて訪れた河原で出会えた一石と大事に向き合いました。アートはきっと心に必要な存在だから、ふと目にして和んでいただけましたら幸いです。
  • 販売済❢作家名	:田端麻子作品名	:アマビエ制作年	:2020年作品サイズ	:F3号(h27.3×w22 cm)素材 	:キャンバスに油彩税込価格 	:44,000円備考 	:額なし作家コメント: 絵姿を見ることで流行病から逃れられるといわれるアマビエ。そのアマビエが、お椀いっぱいの特効薬を持って現れたらどんなにありがたいことか。と思って描きました。ただ、所詮絵は絵です。「アマビエの絵」に魔法の力があるとは思いません。でも、願望とか必死の神頼みとかが、絵を描く原点にあるのだ、と私は考えています。
  • 販売済❢作家名	:勝田えみ作品名	:アマビエモンモン制作年	:2020年作品サイズ	:h21×w14×d11 cm素材 	:樹脂、布税込価格 	:44,000円作家コメント: もちろん疫病退散や終息祈願も込めていますが、カラフルでエネルギッシュにして作った自分を元気にしたかったのもあります。なんかすんごいの出来ちゃいました。 この作品を見られた方が少しでも元気になっていただければと思いますし、私自身もこれを作って心が落ち着きました。 こんな時でも何かを見て何かを思うことはとても体に良いことだと自分自身感じています。芸術は真っ先に不必要とされがちですが、今のようなこういう時ほど必要なものだと感じています。 たくさんの人、特に本国のお偉い方々にそれを気づいて欲しいです。
  • 販売済❢作家名	:まちゅまゆ作品名	:Amabie制作年	:2020年作品サイズ	:h25.5×w12.5 cm素材 	:和紙、アクリル絵具税込価格 	:41,800円備考	:額あり(額外寸h36.5×w27.7 cm)作家コメント: 話題となった豊作や疫病を予言する半人半魚のアマビエ。 厄除けとしても願う人々が多くなったいまこの時、その画を見る人の心にはそのような効果が必ず生まれると信じて。 この時世、多くの人が心に抱える不安を芸術がわずかばかりでも心に安らぎを灯し 未来へ続くための支えや力となるものであるよう願い、これまでと変わらず真摯に魂を込めて制作を続けて参ります。皆様のご健康とご無事を、心よりお祈りいたします。
  • NEW!! 販売済❢作家名	:田崎太郎作品名	:アマビエさま!制作年	:2020年作品サイズ	:h14×w12.5×d13 cm素材 	:陶税込価格 	:38,500円備考	:箱なし作家コメント:疫病になって急に湧いて出てきた、この妖怪!しかし大昔から伝えられてきたものと知り 日本文化の引き出しの多さ、面白さ、日本人独自の価値観に、とても感銘を受けました。 おそらく、日本には、まだまだ隠れているものが沢山あるのだと確信いたしました。 ツイッターでの#アマビエチャレンジを見て、すぐに、私もアーティストなので、チャレンジしてみました。 最初は忠実に再現してみて、2作目、3作目と作り続けるうちに、自分だけのアマビエさまになりました。皆それぞれの自分だけのアマビエさまを生み出す姿に、とてもおもしろかった思いとともに、これも歴史の一部になるんだと感じました。
  • 販売済❢作家名	:熊谷曜志作品名	:アマビヱ制作年	:2020年作品サイズ	:F4号(h33.3×w24.2 cm)素材 	:雲肌麻紙、岩絵具、水干絵具税込価格 	:165,000円※作家のご厚意により特別価格にてご紹介させていただいております。備考	:額あり作家コメント:「絵を描く」ということは、今まで存在しなかった命、または概念を産み落とすことだと僕は思っています。 アマビエが人に課した課題は、くしくも「絵を描く」ことでした。それは、今まで存在しなかったモノを頭の中に描き、意識しなさいということではないでしょうか。 新型のウイルスはまだまだ不明な点が数多く不安ですが、新しい存在として人々の頭の中に生まれつつあります。いずれ、インフルエンザウイルスのように人々の頭の中に共存し、正しく向き合うことができるようになったその時が、克服の時なのだと思います。 これまで絵画だけにとどまらず芸術を楽しんでこられた皆さまなら、作家同様「目に見えぬモノ」を頭に描くことができる力があると信じています。 克服のその時まで強く前を向いて生きていくことに、芸術が少しでも役に立てるならと思います。
販売済❢作家名:Akie作品名:アマビエ制作年:2020年作品サイズ:約 h4×w4.5×d1.5 cm素材 :自然石、アクリルガッシュ価格 :50,000円(税込)備考 :画像のような平置き型/裏側は自然石のままでサインのみ作家コメント: 『アマビエを宿した石がきっとある』そんな直感を信じて訪れた河原で出会えた一石と大事に向き合いました。アートはきっと心に必要な存在だから、ふと目にして和んでいただけましたら幸いです。 販売済❢作家名	:田端麻子作品名	:アマビエ制作年	:2020年作品サイズ	:F3号(h27.3×w22 cm)素材 	:キャンバスに油彩税込価格 	:44,000円備考 	:額なし作家コメント: 絵姿を見ることで流行病から逃れられるといわれるアマビエ。そのアマビエが、お椀いっぱいの特効薬を持って現れたらどんなにありがたいことか。と思って描きました。ただ、所詮絵は絵です。「アマビエの絵」に魔法の力があるとは思いません。でも、願望とか必死の神頼みとかが、絵を描く原点にあるのだ、と私は考えています。 販売済❢作家名	:勝田えみ作品名	:アマビエモンモン制作年	:2020年作品サイズ	:h21×w14×d11 cm素材 	:樹脂、布税込価格 	:44,000円作家コメント: もちろん疫病退散や終息祈願も込めていますが、カラフルでエネルギッシュにして作った自分を元気にしたかったのもあります。なんかすんごいの出来ちゃいました。 この作品を見られた方が少しでも元気になっていただければと思いますし、私自身もこれを作って心が落ち着きました。 こんな時でも何かを見て何かを思うことはとても体に良いことだと自分自身感じています。芸術は真っ先に不必要とされがちですが、今のようなこういう時ほど必要なものだと感じています。 たくさんの人、特に本国のお偉い方々にそれを気づいて欲しいです。 販売済❢作家名	:まちゅまゆ作品名	:Amabie制作年	:2020年作品サイズ	:h25.5×w12.5 cm素材 	:和紙、アクリル絵具税込価格 	:41,800円備考	:額あり(額外寸h36.5×w27.7 cm)作家コメント: 話題となった豊作や疫病を予言する半人半魚のアマビエ。 厄除けとしても願う人々が多くなったいまこの時、その画を見る人の心にはそのような効果が必ず生まれると信じて。 この時世、多くの人が心に抱える不安を芸術がわずかばかりでも心に安らぎを灯し 未来へ続くための支えや力となるものであるよう願い、これまでと変わらず真摯に魂を込めて制作を続けて参ります。皆様のご健康とご無事を、心よりお祈りいたします。 NEW!! 販売済❢作家名	:田崎太郎作品名	:アマビエさま!制作年	:2020年作品サイズ	:h14×w12.5×d13 cm素材 	:陶税込価格 	:38,500円備考	:箱なし作家コメント:疫病になって急に湧いて出てきた、この妖怪!しかし大昔から伝えられてきたものと知り 日本文化の引き出しの多さ、面白さ、日本人独自の価値観に、とても感銘を受けました。 おそらく、日本には、まだまだ隠れているものが沢山あるのだと確信いたしました。 ツイッターでの#アマビエチャレンジを見て、すぐに、私もアーティストなので、チャレンジしてみました。 最初は忠実に再現してみて、2作目、3作目と作り続けるうちに、自分だけのアマビエさまになりました。皆それぞれの自分だけのアマビエさまを生み出す姿に、とてもおもしろかった思いとともに、これも歴史の一部になるんだと感じました。 販売済❢作家名	:熊谷曜志作品名	:アマビヱ制作年	:2020年作品サイズ	:F4号(h33.3×w24.2 cm)素材 	:雲肌麻紙、岩絵具、水干絵具税込価格 	:165,000円※作家のご厚意により特別価格にてご紹介させていただいております。備考	:額あり作家コメント:「絵を描く」ということは、今まで存在しなかった命、または概念を産み落とすことだと僕は思っています。 アマビエが人に課した課題は、くしくも「絵を描く」ことでした。それは、今まで存在しなかったモノを頭の中に描き、意識しなさいということではないでしょうか。 新型のウイルスはまだまだ不明な点が数多く不安ですが、新しい存在として人々の頭の中に生まれつつあります。いずれ、インフルエンザウイルスのように人々の頭の中に共存し、正しく向き合うことができるようになったその時が、克服の時なのだと思います。 これまで絵画だけにとどまらず芸術を楽しんでこられた皆さまなら、作家同様「目に見えぬモノ」を頭に描くことができる力があると信じています。 克服のその時まで強く前を向いて生きていくことに、芸術が少しでも役に立てるならと思います。

新型コロナウイルスによって世界中が大変な状況になっているなか、SNS上で豊作や疫病を予言しその姿を描いた絵で除災出来るといわれているアマビエをモチーフにした作品を発表し疫病退散を願う人が増えています。

アマビエの出現を伝える瓦版。 弘化3年4月中旬(1846年5月上旬、江戸時代後期)刊行。木版画。京都大学所有、京都大学附属図書館収蔵。(Wikipediaより)

アマビエの出現を伝える瓦版。 弘化3年4月中旬(1846年5月上旬、江戸時代後期)刊行。木版画。京都大学所有、京都大学附属図書館収蔵。(Wikipediaより)

このような事から、古の神話や伝説がごく自然に現代の日本に生きる人々の心に根付いている事を感じ、また先行きが見えず誰もが不安を抱えている今、神様や妖怪など人知を超える存在に頼ってもいいのではないかとグループ展「神頼み:除災招福」を弊社ニューヨークギャラリーと共にオンラインにて開催する事を急遽決定いたしました。

アマビエ・白澤など、ご利益のある神様や妖怪などをモチーフにした作品を皆様にお楽しみいただけるよう、弊社ウェブサイト及びFacebookアルバムページにてご紹介いたします(※)。

自分たちに出来る事を模索し行動に移していく。弊社の考えに賛同いただき、急な依頼を快諾くださった作家の皆様に御礼申し上げると共に前向きに希望を持ってこの苦しい時期を乗り越えたいと思います。

※完成した作品から、順次掲載となります。

2020年04月10日(金) - 

【作品情報】

靖山画廊オンラインストアにてご覧いただけます。

本展示で売り上げの一部は、新型コロナウイルス感染症対策活動支援の為に
国境なき医師団に寄付させていただきます。