Exhibitions

新型コロナウイルスによって世界中が大変な状況になっているなか、SNS上で豊作や疫病を予言しその姿を描いた絵で除災出来るといわれているアマビエをモチーフにした作品を発表し疫病退散を願う人が増えています。

アマビエの出現を伝える瓦版。 弘化3年4月中旬(1846年5月上旬、江戸時代後期)刊行。木版画。京都大学所有、京都大学附属図書館収蔵。(Wikipediaより)

アマビエの出現を伝える瓦版。 弘化3年4月中旬(1846年5月上旬、江戸時代後期)刊行。木版画。京都大学所有、京都大学附属図書館収蔵。(Wikipediaより)

このような事から、古の神話や伝説がごく自然に現代の日本に生きる人々の心に根付いている事を感じ、また先行きが見えず誰もが不安を抱えている今、神様や妖怪など人知を超える存在に頼ってもいいのではないかとグループ展「神頼み:除災招福」を弊社ニューヨークギャラリーと共にオンラインにて開催する事を急遽決定いたしました。

アマビエ・白澤など、ご利益のある神様や妖怪などをモチーフにした作品を皆様にお楽しみいただけるよう、弊社ウェブサイト及びFacebookアルバムページにてご紹介いたします(※)。

自分たちに出来る事を模索し行動に移していく。弊社の考えに賛同いただき、急な依頼を快諾くださった作家の皆様に御礼申し上げると共に前向きに希望を持ってこの苦しい時期を乗り越えたいと思います。

※完成した作品から、順次掲載となります。

2020年04月10日(金) - 

【作品情報】

靖山画廊オンラインストアにてご覧いただけます。

本展示で売り上げの一部は、新型コロナウイルス感染症対策活動支援の為に
国境なき医師団に寄付させていただきます。