Artists

水面を舞台に繰り広げられる波紋の律動。それは即興的な音楽のようであり、鏡に映し出された一瞬の幻影のようでもあります。
波紋のシリーズでは、水を想起させる枯山水のような世界観や金碧画の装飾性に着目しながら、現代における表現として多様な色彩と抽象性を取り込んだ作品を展開しています。
普遍的な水の現象を通して、自分と周囲とのつながりを意識するとともに、境界を越えて誰もがそれぞれの感覚や解釈で柔軟に向き合うことのできるような作品を目指しています。  (坪田純哉)

プロフィール

1974 埼玉県生まれ
1999 東京藝術大学美術学部絵画科日本画専攻卒業
2001 東京藝術大学大学院美術研究科修士課程修了
2002 渡欧
2003年に帰国、作家活動を再開
【主な個展】
2004 「坪田純哉展 -Spring-」(Gallery Restaurant with Bar Zodiac、東京)
「坪田純哉展」(アートスペース羅針盤、東京)(’06、’08、’19)
2005 「坪田純哉展 -Reflection-」(天文館画廊、鹿児島)
2009 「坪田純哉展」(新生堂、東京)
2010 「坪田純哉展」(ギャラリーアビアント、東京)(’12、’14、’16、’18)
2013 「坪田純哉 日本画展」(心斎橋大丸、大阪)
2014 「坪田純哉 日本画展」(靖山画廊、東京)
2015 「坪田純哉 日本画展 -ひかりの庭-」(仙台三越、宮城)
2016 「坪田純哉 日本画展」(東急吉祥寺、東京)
「坪田純哉 日本画展」(新潟三越、新潟)
「坪田純哉 日本画展 -四季の奏-」(池袋東武、東京)
2018 「坪田純哉 日本画展」(あべのハルカス近鉄本店、大阪)(’20)
「坪田純哉 日本画展」(船橋東武、千葉)
2021 「坪田純哉 -水と宙-」(靖山画廊、東京)
「坪田純哉 日本画展 -水と宙-」(福屋八丁堀本店、広島)
【主なグループ展】
2008 「ART SALAD 展」(KWANHOON gallery、ソウル)
kaleidoscope(大丸札幌、北海道・大丸東京、東京)
2009 「たいせつなもの展」(靖山画廊、東京)(~’18)
2013 「SENSU展」(靖山画廊、東京)
2014 「KALEIDOSCOPE」(靖山画廊、東京)
2016 「20th Anniversary 特別企画展」(靖山画廊、東京)
2017 「SMという猫」(Gallery Seek、東京)(’19、’21、’22)
「新春まんぷく!お年賀展(FEI ART MUSEUM YOKOHAMA、神奈川)
「コンテンポラリーアートの世界」(名古屋三越、愛知)
2018 「カレイドスコープ」(新潟三越、新潟・船橋東武、千葉)
「NIHONGA: Contemporary Art of Japan」 (SEIZAN GALLERY New York、ニューヨーク)
2019 「SUMMER EXHIBITION 2019」 (SEIZAN GALLERY New York、ニューヨーク)
2020 「ザ・レッド」(岩田屋三越、福岡)
「毛色筆色」(創英ギャラリー、東京)(~’21)
2021 「アートのミカタ」(銀座三越、東京)
「耀の会展」(東京九段耀画廊、東京)
「アマカケルリュウニトキメキ」(GINZA SIX Artglorieux、東京)(’22)
2022 「Art in Japan」(銀座三越、東京)
「うつろいゆく多様性展」(パークホテル東京、東京)
【受賞歴】
1997 東京藝術大学 安宅賞受賞
2001 青垣2001年日本画展 佳作賞受賞)
2011 第5回トリエンナーレ豊橋 星野眞吾賞展 入選