Exhibitions
  • 榎俊幸「Meditation」8F
  • 「鳥の視点-馬のいる風景-」h 282 x w 188 x d 176 mm
  • 満田晴穂「自在背赤二股鍬形」w 100 × d 70 × h30 mm
  • 江本創 「Dracostatum aviscruris」台座24.2 × 16 x h20 cm
  • 後藤温子「マリーゴールド」F6
  • 小川泰弘「月のように」41.0 x 31.8 cm
榎俊幸「Meditation」8F 「鳥の視点-馬のいる風景-」h 282 x w 188 x d 176 mm 満田晴穂「自在背赤二股鍬形」w 100 × d 70 × h30 mm 江本創 「Dracostatum aviscruris」台座24.2 × 16 x h20 cm 後藤温子「マリーゴールド」F6 小川泰弘「月のように」41.0 x 31.8 cm

構想から5年を経て実現した一昨年の「銀の雫 -序-」に続く第2弾。
技術、独創性、全てを兼ね備えた選ばれし作家のみが展示を許された究極の展覧会。銀の雫の滴りが、現代の美術に一石を投じ、力強く鮮やかな波紋となって広がることを期待します。

2018年10月26日(金) -  2018年11月06日(火)

11:00-19:00 会期中無休
※土曜・日曜・祝祭日・最終日は17:00まで

~オープニング・レセプション~
日時:10月26日(金)18:30~
会場:靖山画廊(中央区銀座5-14-16 銀座アビタシオン1F)

※抽選販売のお知らせ
ひとつの作品に数名の希望者が出た場合、初日10月26日(金)中に画廊にお越しいただいた方、または電話やメールでお問い合わせ頂いた方を対象に、弊社代表・山田によるくじ引きにて抽選とさせて頂きます。