Exhibitions

鋳金の世界で金属の新たな表現と限界に挑戦し続ける髙橋賢悟の初個展を開催いたします。

古典から現代までの技法を研究し、確立した技を用いて作られた作品は、

極めて繊細で美しく観る者を魅了します。

誰もが成し得なかった未知の聖域をご期待ください。

髙橋賢悟 略歴

 1982 鹿児島県に生まれる
 2010 東京藝術大学美術学部工芸科 卒業
 2012 東京藝術大学美術研究科 修士課程 鋳金研究室 卒業
 2012-2015 京藝術大学美術学部 工芸科鋳金研究室 教育研究助手
 2015-2018 東京藝術大学美術学部 工芸科鋳金研究室 非常勤講師
 現在 東京藝術大学美術学部 工芸科鋳金研究室 博士課程
 
 【主な個展】
 2016 「髙橋賢悟」(靖山画廊、東京)
 
 【主なグループ展】
 2010 「どうぶつの森」(宇都宮美術館、栃木)
「南日本美術展」(鹿鳴館、鹿児島)
「第5回アートプラザ大賞入選作品展」(藝大アートプラザ、東京)(’11)
「Konsei 2」(deco galeria、ブラジル)
 2012 「三越アートフェア」(仙台三越、宮城)
「sotten」(アートフロントギャラリー、東京)
「カタカタチ。」(藝大アートプラザ、東京)(’13)
「そよ風展」(西武池袋、東京)
「大地の芸術祭越後妻有アートトリンナーレ里山アート動物園2012」 (農舞台、新潟)(Anjin、東京)
「鋳物の森」(上野松坂屋、東京)
「三越×芸大 夏の芸術祭ー次代を担う若手作家展」(日本橋三越、東京)(’14, ’16)
「シブヤスタイルvol.6」(渋谷西武、東京)
「たいせつなもの展」(靖山画廊、東京)(~16, 18)
 2013 「be green exhibition」(新生堂、東京)
「日中茶文化交流展」(東京藝大陳列館、東京)(中国清華大学美術学院、中国)
 2014 「YOUNG ART TAIPEI 2014」(フマコンテンポラリーアート文京アート、台湾)
「クラフトフェアまつもと2014」(あがたの森公園、長野)(~’17)
「中国茶鏡展」(重慶、中国)
「第19回MOA岡田茂吉賞」「岡田茂吉賞アートフェア」(MOA美術館、熱海)
「下町アート動物園2014」(フマコンテンポラリーアート文京アート、東京)
 2015 「日本の鋳金 いもののかたち展」(埼玉県立近代美術館/埼玉)
「明日への坩堝展」(福岡アジア美術館/福岡)
 2016 「MATERIAL SYMPHYSIS」 (University for the Creative Arts、イギリス)
「銀ノ雫 –序– 尖光」「(靖山画廊/東京)
「若手工芸作家国際展 第2回薪技芸・炎」(東京藝大陳列館/東京)
「〜未踏への具象〜 ざ・てわざⅢ」(日本橋三越/東京)
「不思議!驚異!面白い!」(彩鳳堂画廊/東京)
2017 「脅威の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ」(三井記念美術館/東京)
「不思議!驚異!面白い!」(彩鳳堂画廊/東京)
2018 アートフェア東京(靖山画廊ブース、東京)(’19)
「脅威の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ」(岐阜県現代陶芸美術館, 山口県立美術館, 富山県水墨美術館)
「ジャポニズムの150年展」(パリ装飾美術館/フランス)
「銀ノ雫 –破–」「(靖山画廊/東京)
2019 「脅威の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ」(大阪あべのハルカス)
「美の予感2019 —∞directions—」 (高島屋/東京日本橋・大阪・名古屋・京都)
「第48回伝統工芸日本金工展」(明治神宮/東京)
「現代工芸の展開2019」(金沢市安江金箔工芸館/石川)
「鋳金の幻想」(東京藝術大学 陳列館/東京)
 
 【受賞歴】
 2008 内藤春治賞(東京藝術大学、東京)
 2010 「東京藝術大学卒業展」 台東区奨励賞(東京都美術館、東京)
「南日本美術展」入選(鹿鳴館、鹿児島)
 2011 「AAC立体学生コンペディション」入選
 2012 「東京藝術大学修了制作展」メトロ財団優秀賞(同大学美術館、東京)
 2013 「第7回佐野ルネッサンス鋳金展」大賞(佐野市文化会館、栃木)
 2014 「工芸都市高岡2014クラフト展」入選(大和高岡店、富山)
 2015 「第8回佐野ルネッサンス鋳金展」NHK宇都宮局長賞(佐野市文化会館、栃木)
 2017 「第46回伝統工芸日本金工展」 新人賞 (明治神宮、東京)
 2018 藝大エメラルド賞(東京藝術大学、東京)

2016年05月12日(木) -  2016年05月24日(火)

11:00am-7:00pm ※土曜、最終日は午後5時にて終了
定休日/日曜・祝日