Artists
  • Hyemi Cho, Icing , 2016, 30.5×30.5 cm
  • Hyemi Cho, Watching, 0000, 30.5 × 30.5 cm
  • Hyemi Cho, Listen or not, 2016, 30.5×30.5 cm
  • Hyemi Cho, Lupita cauliflower doll, 2016, 30.5×30.5 cm
  • Hyemi Cho, Squid Pasta, 2015, 20.3×15.2 cm
Hyemi Cho, Icing , 2016, 30.5×30.5 cm Hyemi Cho, Watching, 0000, 30.5 × 30.5 cm Hyemi Cho, Listen or not, 2016, 30.5×30.5 cm Hyemi Cho, Lupita cauliflower doll, 2016, 30.5×30.5 cm Hyemi Cho, Squid Pasta, 2015, 20.3×15.2 cm

何時の時代、何処でも、誰もがきっと心の片隅に”存在の問い”というものを抱いているはず。
私にとってその問いとは、科学的、物理的な問い(How)ではなく、より直観的、スピリチュアル(Why)なものです。
幼い頃からの複雑な成長の過程を経て、その問いは大きく根源的なものとなりました。
私にとって絵を描くことは、その問いに応えようとする、解明しようとする手段です。
日々の生活で様々なカオスに直面する時に抱くもやもやした気持、感情をイメージ化し、それを絵で表現します。そうすることで答えを得られるわけではありませんが、何かが得られると信じて描きつつ何処かに向かっているような気がします。また、私の絵を目にした方が、何かを得られることを願って描いています。

Hyemi Cho

プロフィール

日本(岐阜県)にて、韓国人の両親の元に生まれる。
サンフランシスコ・アート・インスティチュート 卒業
ニューヨーク大学大学院インタラクティブ・テレコミュニケーション 卒業
ニューヨーク在住