Artists
  • 依田淳子「華 筆置き」w80×d60×h30mm
  • 依田淳子「竜跳虎臥」w190×d190×h45mm/w130×d100×h60mm(花留め)
  • 依田淳子「竜跳虎臥」w95×d95×h35mm/w60×d40×h50mm(花留め)
依田淳子「華 筆置き」w80×d60×h30mm 依田淳子「竜跳虎臥」w190×d190×h45mm/w130×d100×h60mm(花留め) 依田淳子「竜跳虎臥」w95×d95×h35mm/w60×d40×h50mm(花留め)

ガラスは液体にも固体にもなる素材です。
私は、この相反する二つの状態を感じることができる作品を、作りたいと思っています。
ですから、一度冷やして固まったガラスに模様を施し、それに再加熱をして模様を変形させています。
加熱温度や時間、またガラスの厚みや色により、違う模様になるのを楽しんでいます。

また、日本の歴史に関わってきたお茶の文化に影響を受け、ガラスの茶器も制作しています。

プロフィール

 1993年 横浜美術短期大学 造形美術科 工芸コース卒業
 1994年 東京ガラス工芸研究所 吹きガラス専科卒業
徳島ガラススタジオ インストラクター
 1999年 株式会社 安達硝子
 2000年 株式会社タキナミグラス
 2009年 東部硝子工業会 入会
 【主な個展・グループ展・出品歴】
 2006年 個展(グラスホッパーギャラリー)
 「三人展」 三越日本橋本店(東京)
2008年 「ガラスの茶道具展」(茜屋)
2011年 「二人展」 横浜髙島屋(神奈川)
2012年 「三人展」(うおがし銘茶ギャラリー)
2013年  スパイラルアートフェア2013(東京)
2014年 「三人展」 新宿髙島屋(東京)
2016年 「三人展」 日本橋高島屋(東京)
「有楽流冷茶会展」 銀座三越(東京)
【受賞歴】
2001年  百人百灯展 奨励賞受賞
2003年 高岡クラフト展  入選
2005年 ビアマグランカイ6 入選
【メディア掲載】
2000年 読売新聞「働く女性」欄に掲載
サンデー毎日「若輩ながら!」に掲載