Artists
  • 益田芳樹「雲龍」
  • 益田芳樹「炎金魚(月)」
  • 益田芳樹「炎金魚(赤)」
  • 益田芳樹「月にかえる」
  • 益田芳樹「桜鮫」
益田芳樹「雲龍」 益田芳樹「炎金魚(月)」 益田芳樹「炎金魚(赤)」 益田芳樹「月にかえる」 益田芳樹「桜鮫」

心の“癒し”。
毎日、近くに置いていて、自然と笑顔になれるもの。
人の思いを受けて、共に同じ空間に存在するもの。
日常の中で、誰もが必要としている心の安らぎを感じられるものを造り出したい。
私は古文化財の保存と修復を通じて培った、技術とともに、日本人が藝術に求めてきた想いを、現代の作品として表現する。
国産檜や漆、岩絵具など日本独自の材料を使用することで、日本的造形美学を再構築することを念頭に制作している。

益田芳樹

プロフィール

略歴
1975 東京都生まれ
2002
同大学美術学部彫刻科卒業
2004
同大学大学院美術研究科彫刻専攻修士課程修了
2006
同大学大学院美術研究科文化財保存学彫刻修士課程修了
2009
同大学大学院美術研究科文化財保存学彫刻博士課程修了 博士(文化財)号取得
同大学大学院美術研究科文化財保存学彫刻研究室 非常勤講師
2010 株式会社ほうじゅ彫刻工房設立
現在 彫刻家として活動中(作品制作・仏像制作・文化財修復など)
活動歴
2008
第1回「蓮の会」(東京/大丸)
2009
第2回「蓮の会」(東京/大丸)
第1回「これから展」(仙台/三越)
「気鋭アーティスト7+7の視点」(札幌/大丸)
「たいせつなもの展」(銀座・靖山画廊)
2010
第3回「蓮の会」(東京/大丸)
第2回「これから展」(仙台/三越)
「たいせつなもの展」(銀座/靖山画廊)
新時代の立体造形(大阪/高島屋)
2011
第4回「蓮の会」(銀座/靖山画廊)
「木の系譜三代展」(日本橋・なんば・京都・横浜・新宿・名古屋/高島屋)
アートフェア東京2011(東京国際フォーラム/靖山画廊)
夏の藝術祭 次代を担う若手作家作品展(日本橋三越本店/MITSUKOSHIx東京藝術大学)
「たいせつなもの展」(銀座/靖山画廊)
「2011年祈りのかたち展」(仙台三越)
2012
第5回「蓮の会」(銀座/靖山画廊)
「日本の室礼:吉祥のかたち展」(心斎橋大丸)
夏の藝術祭 次代を担う若手作家作品展(日本橋三越本店/MITSUKOSHIx東京藝術大学)
「三越アートフェア」(仙台三越)
「たいせつなもの展」(銀座/靖山画廊)
2013
「覚の会」木彫×日本画(銀座/靖山画廊)
第6回「蓮の会」(銀座/靖山画廊)
「たいせつなもの展」(銀座/靖山画廊)
2014
第7回「蓮の会」(銀座/靖山画廊)
「たいせつなもの展」(銀座/靖山画廊)
夏の藝術祭 次代を担う若手作家作品展(日本橋三越本店/MITSUKOSHI×東京藝術大学)
個展「益田芳樹彫刻展」(靖山画廊)
2015
「蓮の会」(靖山画廊)
2016
「たいせつなもの展-アイドル-」(靖山画廊)
受賞歴 
2005 『安宅賞』受賞
2006 『サロン・ド・プランタン賞』受賞
2009 『野村美術賞』受賞