Artists
  • 渡邊希「たゆたう」朱
  • 渡邊希「ドロシーのうつわ」I
  • 渡邊希「乾漆スツール(朱・艶)」
  • 渡邊希「ドロシー」
  • 渡邊希「Ray」
渡邊希「たゆたう」朱 渡邊希「ドロシーのうつわ」I 渡邊希「乾漆スツール(朱・艶)」 渡邊希「ドロシー」 渡邊希「Ray」

わたしは、あらゆる内部と外部の曖昧な境界に関心があり、人間やモノごとの表裏を題材に、内側を感じる造形表現を試みている。
漆塗膜が、内を秘めた、空洞であるのに何かがあるような、覗きたくなるような、そんな実体のない中空を伝えられるような気がする。
生の漆は、なまめかしく、そのままの姿をかたちにしたい。
いつもわたしは翻弄されて、放っておくと、いつの間にか静かに固まっている。まるで人間みたいに、血のように漆自体が芯となり、
皮膜を成し、内を生む。
漆が放つ質感や緊張感は、空間の色を変える。
素材からの発想をスタンスに、漆のある空間を提案している。

プロフィール

 

1981 札幌市生まれ
2008 初個展、以後札幌を拠点に国内外の展覧会に多数参加
2010 「立体表現展’10」(札幌/北海道立近代美術館)
2013 アートフェア「ULTRA 006」(東京/南青山・スパイラル)
2014 個展「material」(東京/南青山・スパイラル)
クラフト「椿サロン×THE NIKKA BAR」(札幌/赤れんがテラス)
大型造形「浮遊するかたち」 長野/フォレストコーポレーション 蔵
2014・15 個展「しち十二候」(東京/東京ステーションホテル)
2015 大型造形「景」 大阪/新ダイビル -堂島の杜- 蔵
透かし造形「綽」 札幌/大地みらい信用金庫 蔵
「漆の美展」林野庁長官賞受賞(東京/明治神宮宝物館)
「茶 今日のしつらえ展」(札幌/芸術の森美術館工芸館)
「うるしのみらい -高橋節郎に続く人々-」(長野/安曇野高橋節郎記念)
「漆の美展」林野庁長官賞受賞(東京/明治神宮宝物館)
2016 個展「渡邊 希展-たゆたう-」(靖山画廊)